2008年07月04日

現代アートビジネス

現代アートビジネス (アスキー新書 61) (アスキー新書 61)



日本の現代美術確立に向けた行動と熱と汗。
とてもわかりやすく、小山登美夫の等身大が見えてくる内容でした。
自身いろいろな体験談からのアプローチなので、はじめての人にも現代美術の仕組みを垣間みることのできる良書。アートに対する愛情が伝わる一冊。

数年前に小山登美夫ギャラリーのビルに訪れたが、たまたま閉まっていたため観ることが叶わなかったが、今度東京に行くときは是非訪ねてみたい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/inscape26/51393788