2008年06月30日

美・欲望そして消費/現代日本、伝統と西洋との関係

5132bd37.jpg初めての挑戦に向けて。
来年教育機関でのプロジェクト(また詳しい詳細はブログにてお知らせします)正式に兼任が決まり、その資料集めに、8月に決まった劇場を使った初演出の仕事。ほか家族のことなどでゆとりのない日々が続く。また公の肩書きで現場復帰なります。


今月は、いろいろ考えることが多かった。
初の演出の作品は、もちろん写真を使ったもの。

またいろいろ掲載したいことが山積み。
ひとまず無事のお知らせを。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

久しぶりに、マイダさんからの便り。
随分東京が気に入ったみたいで、延長しているみたい。

以下去年末取り扱った写真家のフォーラムです。
よろしければお尋ねくだされば幸いです。

IHJ アーティスト・フォーラム■
美・欲望そして消費/現代日本、伝統と西洋との関係

写真家ジョセフ・マイダは、昨年12月に日米芸術家交換プログラムで来日し、約6カ月の間、各地で日本の日常生活にみられる、物質社会の展望と魅惑を撮影してきました。これまでも資本主義者の欲望を主題にした作品を手掛けてきたマイダですが、最新の作品では、東京をはじめ、横浜、大阪、京都、福岡、札幌などの主要都市における日常的な消費を間近にとらえながら、既存の社会や伝統の深層にまで及ぶグローバル化の視覚的な、そして心理的な影響を洞察しています。今回のアーティスト・フォーラムでは、滞在中に撮影された最新作を含む現在までの主要な作品を軸に、写真をプロジェクターで紹介しながら議論いたします。


7月15日(火)7:00 pm 講堂
■会費:無料   
■用語:英語、日本語
■後援:日米友好基金

お問い合わせはこちらまで。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/inscape26/51390742